こんな魅力があるロールスクリーン

ロールスクリーンとは、遮光や調光、目隠しの為に窓にかけるものです。外見はホームシアターのスクリーンを窓にかけているとイメージしてもらうと分かりやすいのではないでしょうか。新生活を始める際、またはお部屋のイメージを変えたい場合とてもおすすめのアイテムとなります。なぜカーテンやブラインドではないのか、と疑問に思われるでしょう。一般的に窓にかけるものといえばカーテンをイメージされる方が大多数ですし、なかにはブラインドをあげる方もいるでしょう。しかし、カーテンやブラインドのいいとこ取りをしたものがあるとすればどうでしょう。選択肢のトップにあがる事間違いないのではないでしょうか。カーテンやブラインドと比べてどのような魅力があるのかという事をお伝えします。

他と比べた場合の魅力ってなに

最大の魅力はオシャレだという事です。白1色のものであっても部屋がオシャレに見えます。それは主観的な意見であってカーテンやブラインドでも物によってはオシャレである、と言われる方もいるでしょう。しかし、カーテンに比べスペースが取られない為、窓周辺がスッキリとします。また、ブラインドのように重さがない為、これもまたスッキリとします。窓周辺がスッキリするという事は、洗練されたオシャレな雰囲気が出るという事に繋がります。また、カーテンやブラインドにはない雰囲気を出せる種類があります。例えば、よく世間でオシャレアイテムとして扱われる「和のテイスト」や「アジアンテイスト」のものです。これはカーテンやブラインドにとって出すのが難しいテイストなので、お部屋をそのような雰囲気にしたい方にとっては必須のアイテムとなります。

ロールスクリーンの機能と新生活に向けて

ロールスクリーンにはカーテンやブラインドが持っている機能は当然備えています。遮光や調光、目隠しの機能はカーテンやブラインドと同じようにあります。カーテンとブラインドのいいとこ取りをしているのですから当然です。自分が必要な機能を備えたものは必ず見つかります。また、お手入れも同様です。カーテンのように洗えるものもありますし、ブラインドのように隙間にほこりがたまる訳でもないのでまめに掃除をする必要もありません。購入金額についても、ブラインドのように最低金額が高くなく、カーテンのように低価格のものから購入可能です。もちろん高額なものもありますが、種類は豊富です。窓にかけるものでお部屋の雰囲気が大きく変わるので、新生活を機にオシャレな部屋を目指している方は是非試してみたらいかがでしょうか。