ロールスクリーンの魅力を解説します

窓にはカーテンを取り付けるというイメージが強いのですが、実はロールスクリーンを活用することにはカーテンとは違った多くのメリットがあります。窓にカーテンを使う部屋というのはごく一般的でどことなく平凡なイメージがあります。窓にロールスクリーンを活用することで、なんとも洗練された空間を演出できるところはスクリーンを使うことの大きなメリットだといえます。しかも窓だけでなく、実は使い方によっては本当にたくさんの場所で活躍するとても優れたアイテムなのです。もちろんカーテンのほうが重厚な感じがして部屋に風格を感じさせる雰囲気を作れるなど、カーテンにはカーテンの良さがあるのですが、シャープでモダンな感じのインテリアで統一したいときなど、スクリーンは是非活用してみたいアイテムです。

コンパクトで場所をとらずにすっきり使える

カーテンを使用するには窓枠の左右またはどちらか片方にカーテンを開けたときにもそのまま束になって残るため、場所もとるしちょっと重い感じがすることもあります。カーテンを巻き取って上部にコンパクトに収納されるつくりになっているため、全快すればスクリーンの存在は全く見えず、とてもすっきりとした状態に出来るのが魅力です。また、開閉の調整もとても楽で、途中で止めておけば少しだけ明かりを入れることも出来るし視線だけをさえぎることも可能です。高さの微調整がしやすく、開閉が軽くて簡単に出来るうえ、場所をとらずに設置できるので、例えばカーテンを取り付けるには向かないような小さな窓などへの設置にも適しています。特に上に巻き上げるタイプの構造上、縦長の細い窓などへの設置は得意分野です。

印象を手軽に変えてお部屋を模様替え

スクリーンはフラットなつくりで、カーテンのようにボリュームがあって開閉に場所を必要とするものとは異なり、見た目がすっきりとした印象になるのが特徴です。フラットな分、壁紙の一部のように大きな絵画のようなデザインを選んだりすることも出来ます。部屋の模様替えには壁紙を取り替えるのはとても効果的ですが、工事には費用も時間もかかります。そんな時ロールスクリーンなら手軽に部屋の雰囲気を変えることが出来て大変便利です。また視線をさえぎったり遮光のために窓辺に設置するだけでなく、タペストリーのように壁の一面を覆う使い方をすれば、スクリーンを下ろすだけで部屋の雰囲気をがらりと変えることも出来ます。綺麗な風景や斬新なイラストなどがプリントされたものを使えば、部屋をまるで別の空間のようにして楽しむことも出来ます。